家系図作成本舗のblog | 【家系図作成本舗】 サイトマップ | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示
家系図作成本舗お役立ちコンテンツ

「スタッフのつぶやき」

バナナ

雪虫が飛んでいます

投稿者: バナナ

以前、『下町ロケット』の本の感想をお話しましたが、
ついにドラマが始まりましたね。

佃社長役の阿部寛さん他、皆さん役にぴったりです。
中でも、殿村部長役の立川談春さんは、本のままの殿村部長で驚きです。
弁護士役の恵さんも良かったです。

役者さんって凄いですよね。
本の中の登場人物を思い浮かべながら楽しんでます。
あらすじはわかっていても、今後の展開が楽しみです。

他に最近楽しみなドラマといえば、『釣りバカ日誌』です。
ハマちゃん役の濱田さん、スーさん役の西田さんも素晴らしいですね。
笑いあり感動もありで、子供にも人気のようです。

話は変わり、もう11月に入りました。
北海道ではこの時期頻繁に飛んでいる「雪虫」がいるのを
ご存知でしょうか。
この虫が飛んでから、1週間~10日後に初雪が降ると言われています。

雪虫というのは、アブラムシの一種です。
雪がふわふわと飛んでいるようにみえるため、小さな妖精といわれている
ようですが、この雪虫、大量発生した時には非常に厄介です。

衣服や髪の毛についたり、目や口の中に飛び込んでくることもあります。
そんな雪虫を、最近よーく見かけます。

ここ最近の函館は暖かい日が続いていますが、もしかしたら初雪が近い
のかもしれません

寒い冬は苦手なので、雪はまだまだ降らないで欲しいです。

by バナナ


e_keizu2015年11月5日11:58 AM

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密 」を見て

投稿者: バナナ

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」のDVDを見ました。

「ナイトミュージアム」は人気のシリーズで、今回は3作目となります。
私も子供も大好きな映画なので、続編を楽しみにしていました。

ベン・スティラー演じる自然史博物館の夜間警備員と、
夜の博物館で動き出す展示物たちとの冒険の話です。

ワクワク感やユーモアがあり、感動させる所もあり、
子供はもちろん家族や大人でも普通に楽しめる映画です。

ナイトミュージアムは、1.2と見てきましたが、
主役のベン・スティラーは面白くて最高です。

今回の吹き替え版では、渡辺直美さんや徳井義実さんも
出てくるので楽しめます。

そして、この作品で欠かすことの出来ない存在である
ロビン・ウィリアムズ、本作が遺作となったそうです。

ラストの、ロビン演じるテディのセリフには、
この世を去ったロビン本人の言葉なのでは??と思えるような、
じ~んとくるものがありました。

そんな大好きな作品が、今回のシリーズで完結編とのこと。
なんとも残念でなりません。
是非続きがあって欲しいと思います。

by バナナ

3


e_keizu2015年9月7日3:12 PM

「下町ロケット」を読んで

投稿者: バナナ

読みそびれていて今更でしたが、
池井戸潤さんの「下町ロケット」を読みました。
まさかこんなに感動満載だったとは、早く読んでいたら良かったです。

ある中小企業の町工場が、大企業につぶされそうになりながらも、
困難を乗り越えていくお話です。

目先の利益よりも、物作りに情熱をかけ信念を貫く社長、
社長を支える従業員や仲間たち。
仕事に対する想いや夢など、働くことの意義を教えてくれる内容でした。

池井戸潤さんといえば、色々な作品がありますが、
この作品はとても面白くて、一気に読んでしまいました。
読み終わった後の感動と爽快感はなんともいえません。

以前、WOWOWでもドラマ化していたようですが、
なんと10月から、阿部寛さん主演でドラマ化が決定したとのこと。
ドラマ化にならないかなぁ~、どんな役者さんが社長を演じるのかなぁ~
など勝手に考えていたのでとても嬉しいです

果たして、原作通りの内容なのか、阿部寛さんはどう演じるのか、
今からとても楽しみです。

まだ読んでない方には、是非お薦めです。

by バナナ

3


e_keizu2015年8月20日10:33 AM

ターミーネーター

投稿者: バナナ

『ターミネーター新起動ジェニシス』を見てきました。

『ターミネーター』を見ていた世代なので、
今回の新作はどんな内容なのか楽しみでした。

第1作から30年たった今回の新作ですが、
映画と共に年齢を重ねたシュワちゃんが主役で出ていることが、
何よりもすごいな~と。
ターミーネーターも年を取っていたので、なるほどです。

今回も液体金属警官?が出てきて、はらはらどきどきでした。

時代背景が難しく、わかりにくい部分もありましたが、
スリルあり、感動ありの作品です。

サラ役のエミリア・クラークという女優さんは、
リンダ・ハミルトンに雰囲気が似ていました。

賛否両輪あるようですが、私的には面白かったです。

新たな3部作の第1章ということなので、次回どうなるのか楽しみです!

by バナナ

2


e_keizu2015年8月11日11:25 AM

「限界集落株式会社」を読んで

投稿者: バナナ

先日、黒野伸一さんの「限界集落株式会社」という小説を読みました。

ドラマもやっていて面白かったので、原作も読んでみました。

限界集落と化した村に、農業未経験の一人の経営コンサルタントが
東京から現れ、地元の農家の人達とぶつかり合いながらも、
村の復興の為に立ち上がるというストーリーです。

農業や人口減少など、考えさせられるテーマですが、
村一丸となって様々な問題解決に立ち向かう姿は感動ものです。

また、ドラマと原作ではキャラ設定やストーリーが異なっていて、
どちらも楽しめました。

経営コンサルタント役の谷原章介さんは、イメージにぴったりです。

小説の続編があるそうなので是非読んでみたいと思います。

ドラマの方も、続編があるとうれしいです(^∀^)

by バナナ

1


e_keizu2015年5月27日10:20 AM

ベスト・キッドを見て

投稿者: バナナ

息子は「ベスト・キッド」という映画が大好きです。

2010年のアメリカ映画で、ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスと、
ジャッキーチェーンが出演している映画です。

ストーリーは、弱々しい小学生がカンフーの師匠と出会い、
修行を通じて心身共に強く成長していく物語です。

1985年に公開した『ベスト・キッド』のリメイク版です。
私はオリジナル版を見ていた世代なので、とてもなつかしかったです。

そこで先日、オリジナル版のDVDを借り、久しぶりに見てみました。

ストーリーの大筋は変わりませんが、所々違う部分もありました。

オリジナルは、高校生で空手。リメイク版は、小学生でカンフー。
オリジナルは、アメリカが舞台。リメイク版は、中国が舞台。

リメイク版には賛否両論あるようですが、
私はリメイク版の方が、見やすくて面白かったと思いました。

ジャッキーの年老いた役も良かったですし、
何より、ジェイデンの演技の上手さが良かったです。

役作りのために体も鍛えたのでしょうか。
最後の方は、筋肉のついた精悍な少年に変わっていました。

ジェイデンが心身共に強くなっていく様子や、
ジェイデンとジャッキーがお互いに心を通わせていく姿など感動です。

映画を見終わった後は、必ずカンフーの真似事をする息子。
昔の私も同じことをしていたような・・・

オリジナル版とリメイク版、見比べてみるのも楽しいかもしれません。

2

1

by バナナ


e_keizu2015年3月10日2:06 PM

風に立つライオンを読んで

投稿者: バナナ

さだまさしさんの小説、「風に立つライオン」を読みました。
とても良い作品で感動しました。

アフリカの地に降り立った日本人医師が主人公のお話です。

2

映画化が決まっているそうですが、
「風に立つライオン」とは、元々1987年にさださんが、
実在の医師である柴田紘一郎さんのエピソードをもとに
作詞・作曲をしたそうです。

主演の大沢たかおさんがこの曲を気に入り、
小説化および映画化を強く望んだことがきっかけとなり
作品が完成したとのことです。

物語は、ケニアの過酷な医療環境のなかで、
人の命だけでなく心まで救う日本人医師の物語です。

人生において大事なことが色々描かれていて、
とても考えさせられる作品でした。
日本とアフリカを行き来するバトンに感動です。

日本人医師の役は、大沢たかおさんにぴったりです。
映画ではどんな風に表現されているのか今から楽しみです。

1

それにしても、さだまさしさんは多才な方なのですね。

歌はもちろんのこと話術も巧みであり、コンサートも素晴らしいと
聞いたことがあります。

他の小説なども是非読んでみたいと思いました。

by バナナ


e_keizu2015年1月26日10:56 AM

函館の巨大ツリー

投稿者: バナナ

函館では例年、12月前後からクリスマスの12月25日まで、
「はこだてクリスマスファンタジー」というイベントが行われます。

DSC02334

函館を代表する観光スポットの、赤レンガ倉庫群前の海上に、
約6万個のイルミネーションで飾った20メートルをも越える
巨大ツリーが出現し、函館の街を幻想的に演出するのです。

クリスマスツリーとなるモミの木は、
函館市の姉妹都市であるカナダのハリファックス市から、
18,000キロの長旅を経て届けられるそうです。

クリスマスツリーは普通陸地にありますが、
『はこだてクリスマスファンタジー』のクリスマスツリーは、
何と海に浮かんでいます。

DSC02335

開催中は毎日ツリーの点灯式を行いますが、点灯式直後に
花火を打ち上げるので、冬の花火も楽しめることが出来ます。
目の前で見るツリーはとても綺麗で圧巻です。

また期間中は、函館の有名店がスープの屋台を出しているので、
こちらも楽しめます。
色んな種類があって悩みますが、冷え切った体に暖かさが染み
渡ります。

DSC02342

冬の函館観光も是非お薦めです♪♪

by バナナ


e_keizu2014年12月12日9:14 AM

ドラえもん観てきました

投稿者: バナナ

先日、子供と一緒に「STAND BY ME ドラえもん」の映画を見てきました。

今回は全てCGの3Dという事で、公開前から子供と楽しみにしていた
映画でしたが、「ドラ泣きしませんか?」のキャッチコピー通り二人で
ドラ泣きしてきました

だいたいの結末はわかっていましたが、3Dの世界に感動です。
いつも見ているドラえもんとは全然違っていました。

物語はダイジャスト版のような感じにまとまっており、
ドラえもんとのび太の出会いから別れ、しずかちゃんとの恋愛話などが
描かれてます。

中でもしずかちゃんのお父さんのシーンは感動ものです。
しずかちゃんが大人になっても、やさしくて素晴らしい人柄なのは、
このお父さんあっての事なんだと思いました。

また青年役ののび太の声が、妻夫木聡さんというのも良かったです。

映画館には、親子連れ以外でも、
中学生位の男子2人組や40代位のご夫婦など様々です。

初めてドラえもんを観る人も、子供の頃からドラえもんを観ていたという人も、
色々な世代の人が楽しめる素晴らしい作品だと思います。

1

 

 

 

 

 

 

 

by バナナ


e_keizu2014年10月21日8:56 AM

昭和のヒーロー 

投稿者: バナナ

事務所から徒歩5分程度にある公園の一角に、月光仮面の像があります。

DSC_0615

月光仮面の原作者 川内康範さんが、生まれ育った函館への恩返しとして、
昭和49年に寄贈されたものだそうです。

DSC_0616

子供の頃からここにあるのは知っていましたが、そんな昔からあったとは驚きです。

月光仮面は、昭和33年にテレビ放送された大人気のヒーローだそうですが、
ほとんど記憶がありません。
懐かしいTV番組の紹介などで放送される映像で見た程度のような気がします。

この像の台には、「憎むな、殺すな、赦しましょう」と平和への思いが刻まれています。
現代の戦隊ものヒーローの先駆けだったのでしょうか。

像が設置されている場所は、函館駅から近く、グリーンプラザという公園にあります。
簡単な遊具や滑り台など、小さな子供が遊べる公園です。

DSC_0617

お近くにお越しの際には、一緒に記念写真でもいかがでしょう。

by バナナ


e_keizu2014年10月10日3:41 PM