家系図作成本舗のblog | 【家系図作成本舗】 サイトマップ | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示
家系図作成本舗お役立ちコンテンツ

「スタッフのつぶやき」

2010年4月

薔薇之恋

投稿者: OZ

少し前にハマっていたDVDです
吉村明美さんの『薔薇のために』という漫画が原作の
台湾のドラマです。

もともとは『私の億万Love』というのを借りたかったのが
しばらくレンタル中が続いていたので諦めて
なんとなくという感じで借りたのですが
これが予想外に良かったのです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

花屋敷家という家族の話なのですが
皆さんなかなかの個性派揃いです。
普通のホームドラマとも違うのですが
好きなDVDのひとつになりました

そして、このドラマにはジョセフ・チェンの他に
ジェリー・ホァンという俳優さんも出ているのですが
二人ともかなりの男前で目の保養になること間違いなしです

主演のエラ・チェンもブスという役柄ですが可愛いと思いますよ
あと芙蓉姉さん!!あこがれてしまいます
美人で頭の回転も良さそうで、ああなりたいものです。

最近はまた『アグリーベティ』の2シーズンを観始めました。
このドラマは観ると「私もがんばろう」と前向きな気持ちにさせてくれます。
またしばらくハマりそうです

                                by  OZ


e_keizu2010年4月28日2:05 PM

奥さんの気持ち

投稿者: asai

ちょうど昨年の今頃、息子と一緒に近所の沼から
おたまじゃくしとメダカのような魚とタニシを捕まえてきました。

おたまはすっかりカエルに成長し、
メダカ(仮)も大きくなり、タニシも増えました。

おたまなどを飼うのは僕自身も初めてのことで
水槽の掃除やら餌やりなど息子と一緒にいい経験をしました。
特におたまからカエルになる成長の過程を観察できたことは
とても良かったと思います。

しかし予想通りというか、息子(僕も)の関心は当初ほど無くなり
今ではすっかり、飼うのを嫌がっていた奥さんが世話を任されています。

奥さんは、おたまがカエルになったあたりから
もうそろそろ沼へ帰したらということをよくいうので、
じゃあそろそろ帰そうかと思っていたところ、
昨年、一緒に沼に捕りに行った友達から
今度の休みに沼に行かないかと、昨夜遅くに電話がありました。

翌日、奥さんが出掛けた後、僕は息子とカエルらを
沼へ帰す準備をし、お別れをしようとしたその時!
大事なことを忘れていました。

今日まで一生懸命にカエルの世話をしていた人・・・
一番にお別れをしなきゃいけない人・・・

そう、奥さんに今日沼へ帰すことを伝えていなかったのです。
これはいけないと、結局その日、沼へ帰すことを急きょ止めました。

その晩、奥さんに昨夜の電話から中止に至った事情を説明したところ
小さくひとこと「別にいいのに・・・」

by asai


e_keizu2010年4月24日10:40 PM

春の楽しみ

投稿者: ナカタ

こんにちは!
学生時代、新しいクラスでの自己紹介がとても苦手で憂鬱
だったナカタです。

最近、所々で新社会人が新しいスーツを着て、仕事をしている
姿を目にします。

まだ半分学生気分のところもあるのでしょうが、
見ていて清々しいものがあり、うらやましく思います。

子供の頃の春の楽しみと言えば、自転車に乗れることでした。

北海道では冬の間は自転車に乗ることができません。
よって、行動範囲も限られてしまうのです。

春になると自転車に乗って、どこにでも行けるので、
春は自由になった感じが強かったのを憶えています。

ちなみに子供の頃のうれしかった思い出ベスト1は、
切り替え付きの自転車を買ってもらったことです。

スーパーカーライトで6段変速、切り替えが車のマニュアル
シフトのようになったものでした。

当時、まわりの友達はすでに切り替え付きの自転車を乗っており、
僕だけ少し出遅れた感じがあったので、喜びもひとしおだったのだと
思います。

あの頃は毎日朝が来て明るくなるのが楽しみでした。

春になるとうれしくなるのは、この思い出が
脳にインプットされていることもあるのかもしれません。

by ナカタ


e_keizu2010年4月22日10:41 AM

とうとう来てしまいました

投稿者: OZ

北海道にも花粉症の季節が来たようで
ここ数日は、目の痒みと鼻のグズグズが治まらない状態です
それでも私の場合はまだ軽症だとは思うのですが…。

この時期、一番厄介なのが洗濯です
花粉が気になり、その日着たものは即洗濯!!
休みの日なども数時間着ただけのものでも
気になって洗濯してしまいます

しかもこの時期はストーブをあまり点けないので
なかなか乾かない洗濯物が
現在家の中を占領しています

そんな神経質な私ですが
花は大好きなので、花が咲き始めるこの時期は
やっぱりうれしくなります

春の花といえば大抵は桜の花が思い浮かぶと思いますが
私の場合はクロッカスです。
子供の頃、私の家の庭では、まず先にクロッカスの花が咲き
その後水仙の花が咲き
しばらくすると学校の桜の花が咲いていたので
一番最初に咲く花のイメージが付いたのかもしれません。

先日も自宅の近所でクロッカスの花が咲いているのを見つけ
懐かしく思いました。
今は祖母も亡くなり、世話をする人がいなくなってしまった為
クロッカスは咲いていませんが
この時期の実家も懐かしいので
GWは帰省して子供の頃の思い出にひたってこようかと思っております

                                 by  OZ


e_keizu2010年4月21日1:35 PM

息子の自転車

投稿者: asai

今年は息子の自転車を買い替えなきゃいけないなと思い、
少しでも長く使える実用的な自転車をと物色しに行きました。

実用的で長く使える自転車なんて親の都合で、
子供はカッコイイ自転車が欲しいのでしょうが、
そこは予算もあることですし、息子を言いくるめて
買おうかと思っていましたが、

実際行ってみると僕の目に飛び込んできたのは、
実用的とは程遠い自転車でした。
息子とも意見が一致し、意気揚々と奥さんに相談しに行ったところ、
とても怪訝そうな顔をされました。

しかしそこは諦めず、息子と必死にその自転車の良さを訴え
半ば呆れ果てた様子の奥さんの了解を得ることが出来ました。

これからだんだん暖かくなってきて自転車で遊ぶ機会が
増えてくるでしょうから、家族でサイクリングにでも行こうかと
計画しています。

80年代僕のあこがれだった
フラッシャー付き自転車。
f61c782d0430e5169f9a9863f055bfa6

by asai


e_keizu2010年4月17日9:28 PM

週末の過ごし方

投稿者: OZ

最近の休日は、ほとんどDVDを観て過ごしています。

先日は、主人がレンタル屋さんで『南極料理人』を借りたので
一緒に観ました。
最近は海外ドラマばかりだったので久しぶりの
映画のDVDだったのですが、これがとにかく面白い
出演している役者の方々も味のある方ばかりで
あっという間に2時間が過ぎました(^∀^)

この映画では料理人役だった
堺雅人さんが出ている『クヒオ大佐』も面白そうなので
近々レンタルする予定です

そして、もう1本ものすごく観たいのが
『ひきだしの中のラブレター』
函館や北斗市でロケをしていたらしいので是非観たいのですが
人気があるようで、いつ行ってもレンタル中なのです。残念…

でも、とにかく今は粘り強く待とうと思っております

                                  by  OZ


e_keizu2010年4月13日1:24 PM

庶民の名字のルーツ

投稿者: asai

最近読んだ本に庶民の名字のルーツは8種類に分けることが
できると書いていました。

①地名由来の名字
山口・石川・宮崎・千葉や河内・加賀・和泉など
その他、五代・保母・四十九・万歳など一見すると地名由来とは
思えない名字もあるそうです。

②地形由来の名字
山本・小川・田中・浜田・山崎・河井・塚田・山岸など
その他、「野」「原」「松」「橋」「崎」「井」などが付くもの。
そもそも地形から地名が付けられたものもある為、地名由来か地形由来かは特定が難しいのだそうです。

③方位由来の名字
同じ地名で同じ地形に住んでいる同族は本家から見た方角を名字に
つけ区別したそうです。
「東西南北」「上下」「前後」「左右」「内中外」など

④職業(屋号)由来の名字
大蔵・庄司・村主・越後屋・近江谷など

⑤「藤」の付く名字
佐藤・伊藤・加藤・斉藤など
基本的には藤原氏の末裔が多いそうです。

⑥主君などから賜与された名字
無敵・百武・松平など
毛利や島津なども「松平姓」を与えられましたが、
使用したのは公式な場だけで、普段は本来の名字を名乗っていたようです。

⑦僧侶の名字
僧侶は名字をもっていませんでしたので、明治以降名字をつける必要が
ありました。
「釈」・「梵」など仏教用語をつけたものが多いそうです。

⑧その他の由来名字
上記①~⑦に当てはまらない名字。
城聞・鍵渡など

ルーツとなるとそう簡単に分かるものではありませんが、
興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

by asai

51E68VAw-2L__SS500_
決定版 名字のヒミツ 森岡 浩著

家系図作成本舗


e_keizu2010年4月11日10:50 AM

戸籍の重箱

投稿者: ナカタ

こんにちは!
ゴールデンウィークの予定がないことに少し焦りを感じている
ナカタです。

最近、「戸籍の重箱」という本を読みました。117

この本は、人生の出来事がどのように戸籍に記載される
のかを物語を使って説明しています。

戸籍は非常に端的に記載されているものですが、
この本を読んで、戸籍にも文字にはなっていない、行間
のようなものがあるのだと感じました。

例えば、出生。
自分の戸籍を見たら、生年月日のほか、届出日、届出人が
記載されていました。

このことだけでも、生まれてから届出日までの数日間、いろいろ
名前を悩んでいる両親の様子や届出に行くときの父親の気持ちに
想像をふくらませることができました。

自分の戸籍をじっくり読んで見ることで何か新しい発見や思いが
生まれるかもしれません。

なお、「戸籍の重箱」は一般向けの書籍ではないので少々お値段が
張ります。興味のある方は図書館などをチェックしてみるのも良い
のではないでしょうか。

by ナカタ


e_keizu2010年4月10日7:00 PM

蛙の子は蛙!?

投稿者: OZ

先日、両親が函館に出て来たので
主人も含め4人で食事をしました。

その時に母が
「そういえばあんた昔、函館まで自転車で遊びに出た事あったよね」
という話になり、主人も
「何時間かかるんだよ
と驚き、私も
「ほんと、なんて無謀な事したんだろうアホだよね
と話をしていると、父が
「まあ実はお父さんも昔、函館から家まで自転車で里帰りした事あるんだけどね」
との話に、4人とも
「親子だねえ」
と妙に納得してしまいました。

私は、どうも変なところが父に似ているらしく
座るときにあぐらを掻いたり(これは小さいときに父が教えたらしいのですが)
がに股だったり(これはさすがに自分で直しました)

まあ、それもこれも親子だからこそなので
結構気に入ってたりもします

                                 by  OZ


e_keizu2010年4月6日1:46 PM

幸運の○○

投稿者: asai

先月(3月)は、満月が1ヶ月のうちに2回見れる珍しい月だったそうです。
2回目の満月を「ブルームーン」と呼び、占い界ではこれを見たら、
運気がアップすると言われているようです。

僕は、ひと月に満月が2度ある月がある事は知っていましたが、
ブルームーンと呼ばれており、見るとラッキーだというのは初めて知りました。
滅多に見れないものを見るとラッキーという類のものは、
小さい頃から身近にいろいろとあったのではないでしょうか。

僕が知っているのは、
青いワーゲンビートルを1日のうち2度見たらラッキー。
ピンクのモーモータクシー(うし柄のタクシー)を1日のうち2度見たらラッキー。
多分、他にもたくさんあるんでしょうが、これくらいしか思い浮かびませんでした。

ちなみにブルームーンは当日、夕食後に家族みんなでしっかりと見ました。
青くは見えませんでしたが、我が家の運気がアップしたような気がします。

by asai


e_keizu2010年4月5日6:17 PM