家系図作成本舗のblog | 【家系図作成本舗】 サイトマップ | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示
家系図作成本舗お役立ちコンテンツ

「スタッフのつぶやき」

2011年6月

ちょっと怖い話

投稿者: ナカタ

ようやく函館も暑くなり、しばらくは夏らしい日が続きそうです。
夏の楽しみと言えば、子供の頃から花火・スイカ・怖い話でした。

特に怖い話は大好きで「あなたの知らない世界」というテレビ番組は
毎週かかさず見ていました。(知らない人も多いと思いますが)

霊感は強い方ではないので、幽霊を見たことはありませんが、
小学生の頃、一度だけ怖い思いをしたことがあります。

その頃の自分の部屋は、ベッドがドアのすぐ近くにあり、
寝ながらでもドアの外の廊下が見えました。
(寝る時はいつもドアを開けてました)

小学4年生の春休み。
なかなか寝つけない日がありました。

おそらく2時か3時くらいだったと思うのですが、
全く眠くなかったので、開き直って目を開けていました。

何気なく廊下の方を見ると誰か立っているように見えます。
慌ててベッドから頭だけ起こして、よく見ようと顔を近づけました。

しかし、真っ暗でよく見えません。
見えるのはジャージのような上着がぼんやりとだけです。
顔も下半身もよく見えませんが、人が立っている感じには見えるのです。

もしかしたら、隣の部屋にいる姉が僕を脅かそうとしているのかもしれない、
と思ったのですが、声を出すと余計に怖くなる感じがしたので黙っていました。

何も動きがないまま、かなり長い時間が経ちました。
変化もないので、目の錯覚なのかもしれないな、と思い、
顔を起こしているのにも疲れてきたので、枕に頭を下ろそうとしました。

その瞬間、
その人らしきものが部屋に入ってこようとする気配がしました。
(真っ暗なのではっきり見えているわけではありません)

部屋に入ってこようとして、ドアの敷居のところに足がかかる感じがした時に、
“ギィ”と音がしました。

思わず、”誰だ!”と大きな声を出すと、
その声を聞いて、また元の体勢に戻りました。

しばらくの間、今迄と同じ状態でこちらを見ている気配を感じましたが、
明るくなるにつれて、いつの間にか消えていました。

あれは幽霊だったのか、
それとも姉だったのか、(たぶん違う)
ただの目の錯覚だったのか、
それとも夢だったのか、
今でもわかりません。

数十年経った現在でも、割とはっきり記憶にあるので、
僕にとってはかなり怖い経験だったことは確かなようです。

by ナカタ


e_keizu2011年6月30日8:50 AM

新しい冷蔵庫

投稿者: OZ

今年になり我が家では
いろんな物が不具合を起こしております(>_<)

直せるものは直し
使えるものはなんとかそのまま使っているのですが

この間は、冷蔵庫が壊れてしまいました
ある日、冷蔵庫のお茶を飲むと
なんだか前日より冷えてないような…。

それでも、冷凍庫は大丈夫だったので
そのまま使っていたのですが
今度はアイスがいつもより軟らかい…。
冷蔵庫の野菜も傷みが早いような…

もうすぐ夏本番ということで
さすがに冷蔵庫は買わなければと
電気屋さんへ

今の冷蔵庫より小さいのをと思い
購入した冷蔵庫でしたが
実際、来てみると少し大きめでした

搬入もとても大変そうで
業者のお兄さん達も汗びっしょりでした
それでも、嫌な顔せず笑顔で対応
すばらしいです

                       by  OZ


e_keizu2011年6月28日5:25 PM

食と命の大切さ

投稿者: OZ

先週末テレビのロードショーで
『ブタがいた教室』を放送していました

小学校6年2組の星先生は
クラスの子供たちに
「ブタを育てて最後にはみんなで食べようと思います」
と提案。最初は戸惑っていた子供たちも
世話をするうちに愛着を持っていきます。
そして、卒業が近づき
「食べるか」「食べないか」の話し合いが行われ…。

話し合いでは子供たちのリアルな
議論が繰り広げられています
「食べる」派の意見も「食べない」派の意見も
それぞれの子供たちの気持ちが良く伝わって来る
意見でした。

私も子供の頃
実家で祖父が漁業を営んでいたので
生きた魚介類が手に入る事もあり
『かわいいなあ』と思ったり、名前を付けたりして
ペットのような感覚で見てたのに
その日の夕方、料理されて食卓に出てきて
ショックを受けた記憶があります

大人になった今では
食と命の大切さを実感しながら
「いただきます」と「ごちそうさま」
を忘れないように食事するようにしています


e_keizu2011年6月21日5:19 PM

昔の記憶

投稿者: バナナ

先日、偶然にも小学校の同級生に会いました。

数十年ぶりの再会だというのに、同級生は私のことをすぐに気付いてくれたようです。

同級生はというと、あまり昔の面影はありませんでした。
初め、じーっとこちらを見ているので誰だろうと不振に思ったほどです

更に、私の方は、同じクラスだったのかということすらもうろ覚えで、会話もいまいちかみ合わず・・・

同級生 『○○君は、今○○の仕事しているよね?』

私 『○○君って、誰だっけ?』

同級生 『○○ちゃん、途中で転校したよね~』

私 『そんな友達いた?』

このような会話が数回続き、残念なことにあまり話は盛り上がりませんでした。

いつも遊んでいた仲良しの友達だったり、印象深い思い出などは今でも覚えてますが、数十年前の記憶を思い出すことは、なかなか難しいようです。

年齢と共に、記憶も衰えてきたのでしょうか???
でも、ありきたりの社交辞令ですが、『全然変わってないね~』と言われ、ニンマリしてしまいました(・∀・)

by バナナ


e_keizu2011年6月20日4:57 PM

息子の行動力

投稿者: asai

最近、息子の遊びに対しての
行動力が逞しくなって来た
ように感じます。
今までは、友達と約束をして、
友達が来ない時は、家で
一人で遊んでましたが、
最近は、約束通りに会えない
場合でも他の友達が
遊んでいそうな場所を
思いつく限り、探し回るように
なりました。
今までは行った事のない
遠い友達の家とか公園まで、
一人、自転車で出掛けます。
なので、どこで
遊んでるのか分からない
事もあります。
若干、心配ですが、
考えてみると、僕も
息子の歳にはそうでした。
なので、正直、心配ですが、
注意する点だけ、
しっかり伝え見守っています。
by asai


e_keizu2011年6月19日10:41 PM

テントかコテージか

投稿者: ナカタ

ようやく暖かくなってきました。
そろそろキャンプが気持ち良い季節です。

ずっとマリンスポーツをやってきましたが、キャンプだけは
山でやる方が好きです。朝起きた時の爽快感がたまりません。

海でのキャンプはテントの中に砂が入るのと
潮で体がべたつくのが苦手です。

また、キャンプでの食事は炭を使った焼きもの系より
カレーなどの調理系が好きです。

炭焼きはなぜか食後におなかをこわしてしまうのです。

以前はかなりアウトドアに凝っていたのですが、この10年ぐらいは
ご無沙汰しているので、今年こそは子供を連れてキャンプに行こうと
思っています。

久々なので、テントにするか、コテージにするかで迷っています。

テントは、朝起きたらテントの上が大量の毛虫に囲まれていたという経験が
ちょっとトラウマになってます。

アウトドアは好きなのですが、毛虫には滅法弱いので。

by ナカタ


e_keizu2011年6月16日12:21 PM

わが家の最近の食卓

投稿者: OZ

毎年この時期になるとわが家の家の中は
急激に暑くなります

おそらく窓の向きとかも関係しているのでしょうけど
家に帰ると、どっと汗が出る位の暑さです

その為、家の中では当然の様に半そでで生活しているので
夜になってちょっとコンビにまで行こうとそのままの格好で
外へ出たら寒かったりということもよくあります

そして、この時期になると
わが家の食卓では冷たい麺が頻繁に登場します

去年は冷麺(ビビン麺)など辛めのものにハマっていましたが
今年はそうらーめんにハマっています。

そうめんのようなのどごしなのにラーメンを食べているような
味わいで、ちょっと不思議な感じで
一度食べると止まらなくなってしまいます。

ちなみにわが家では
2人で一度に2袋分(4人前)をたいらげた事もあります

付いてくる香味油を家にあるめんつゆに混ぜるだけで
美味しいつけだれが出来るのでとても簡単お手軽です

以前、書いた山わさびに続き今年の夏は当分
そうらーめんにハマりそうです

                            by  OZ


e_keizu2011年6月15日3:52 PM

ホッピング

投稿者: asai

先日、実家で今年初めてのバーベキューをしてきました。
このバーベキューは毎年恒例で、年に何度も行われます。
いつものことなので、もう慣れましたが、
父親の気分次第で、急に呼ばれます。

兄家族や兄の奥さん姉妹の家族など、子供が沢山集まるため、
息子もこのバーベキューをいつも楽しみにしています。

子供たちは毎回、ただ走り回ったり、サッカーをしたり、
キャッチボールをしたり、バーベキューそっちのけで、
遊びまくっていますが、

今回はなぜかホッピングにみんなで夢中になり、
何時間も跳ねまわっていました。

息子は殆どやったことがなく、初め数回しか跳べませんでしたが、
数時間もやっているうちにみるみる上達し、
帰る頃には7~80回も跳べるようになっていました。

翌日は奥さんと息子が休日だったため、
玄関先に真新しいホッピングが置いてありましたが、
僕はあまりにも予想通りのことで何の違和感もなく、
夕食を美味しく頂きました。

ちなみに今日現在、息子は244回跳べたそうです。
汗だくで報告に来ました。

by asai

untitled


e_keizu2011年6月12日6:26 PM

さよならドビュッシー

投稿者: バナナ

先日までストーブは欠かせなかったのですが、ようやく初夏の感じになってきました。夏が近づいてきてうれしいです

先日読んだ、「さよならドビュッシー」という本が良かったのでご紹介します。

主人公は、ピアニストを目指している女の子なのですが、ある晩火事に遭遇し全身に大火傷を負います。

一旦は、ピアニストになる夢を諦めようと思いながらも、一人の男性の支えにより、肉体的・精神的にも、奇跡的な回復を見せていきます。
一方で、主人公を取り巻く中、色々な事件がおこります。

ピアノの夢に向かってどのような結末になるのか、事件の真相など、わくわくしながら読みました。

第8回『このミステリーがすごい』大賞受賞作というだけあって、予想外の結末には驚きです。

また、人生において大事なことが色々描かれていて、とても考えさせられる内容でした。印象的なせりふも多く、すごくうなづかされるところもあります。

私は、クラシック音楽は詳しくありませんが、クラシック音楽に詳しい方や、ピアノを弾かれる方はもっと楽しめる内容かと思います。

久々に、印象深く、一気に読み終えた小説でした

by バナナ


e_keizu2011年6月10日2:38 PM

無くし物

投稿者: OZ

決してだらしないわけではないと思うのですが
よく物を無くしてしまいます

とは言えほとんどの物は
少し探すとすぐ出てきます

携帯電話、テレビのリモコンなどなど。

要するに一時的に物が見当たらなくなる
という事が頻繁にあるのです

昨日も、朝バスに乗車した際
整理券を取り席に着いた途端
落としてしまいました

念のため鞄の中を探しても
見当たりません。
バスが停車するたびに
座席の下の方も見たのですが
見当たりません

結局、降りる際に運転手さんに
事情を説明して事なきを得たのですが

今日の朝、鞄から化粧ポーチを出した瞬間
ヒラヒラヒラ…と
昨日無くした整理券が出てきました

ほんと、無くし物は意外な所から出てくるものだなと
思った瞬間でした

                   by  OZ


e_keizu2011年6月7日10:09 AM