家系図作成本舗のblog | 【家系図作成本舗】 サイトマップ | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示
家系図作成本舗お役立ちコンテンツ

「スタッフのつぶやき」

2011年10月

温泉宿に泊まった時のことですが・・・

投稿者: バナナ

普段から、私は幽霊とか怖がる方でもありませんし、霊感も全くありません。
ただ一度だけ怖かったと思うことがありました

昔勤めていた会社の社員旅行で、東北の温泉宿へ宿泊した時のことです。
そこは、湯治としても有名な温泉宿なのですが・・・。

女子が1人だけということもあり、1人部屋に泊まることとなりました。
普段から出張も多かったため、1人で泊まることには慣れていました。
真っ暗で寝ることも全然平気なタイプです。
ただ、今回の宿だけは、怖くて泊まることが出来ませんでした

というのも、案内された部屋は奥まった所にあり、一般の客室から離れた場所にありました。
部屋の造りも四角形ではなく三角形になっていて、部屋の中からもう1枚、庭かどこかへ出るためのドアがついています。鍵はかかってますが、珍しい造りです。

そして、部屋の中には、桐箪笥や鏡台、掛け軸などもあって、まるで最近まで誰かが住んでいたような部屋なのです。
気になったので宿の人に聞いてみたら、昔仲居さんが使っていた部屋とのこと。

益々不気味な感じがしたので、他の部屋に代えて欲しいと頼んでみたのですが、残念ながらその日は満室だったようで、その部屋しか空いてないというのです。

夜、宴会があったので、飲めないお酒を多めに飲み、そのまま寝てしまおうと思いました。
でも部屋に戻った途端、何だか寒気もしてきて、一気に酔いも醒めてしまいました
電気もテレビもつけ、布団をかぶったりしてみましたが、全く寝れそうにもありません。
しばらく頑張ってはみたのですがやはり怖くなって、同僚に頼み一緒の部屋で寝させてもらうことにしました。

今でもその部屋のことは鮮明に覚えてます。
結局何かがあったということはありませんが、あの時あの部屋から出て正解だったと思ってます。
部屋に入った時の直感というか、なんとも言えない違和感が今でも忘れられません。

オチも何もない話しなのですが、私にとってはとても怖かった思い出なのです。

by バナナ


e_keizu2011年10月31日12:39 PM

ツボ

投稿者: ナカタ

先日、近所のお蕎麦屋さんでツボを押されました。
もちろん体のツボではなく、心のツボです。

そのお店に入ったのは午後2時頃。
ピーク時間が過ぎているわりにはお店は混雑しています。

寒い日だったので、店に入る前から熱々の天ぷらそばを注文しよう
と決めていました。

ただ、かなり空腹だったこともあり、ご飯を頼むかどうかで
しばらく迷いました。
結局、注文はしなかったのですが。

そして、待つこと5,6分で熱々の天ぷらそばが出てきました。
気になったのが、そばの隣にある蓋の付いたお椀です。

ちょっと期待しながら開けてみると、入ってました。
梅しそがふりかけてある美味しそうなご飯です。

メニューにはご飯付きとは書いてません。
もしかして、おなかが空いてそうに見えたから付けてくれた?

そういえば、お椀の蓋を開けたところをホールの女性に
見られていたような気がします。

そう思い始めると勝手にお店の良い所を探そうとしていました。
ファンになるツボを押された感じです。

普段から天ぷらそばはご飯付きなのかもしれませんが、
その時、僕の心を射止めたのは間違いありません。

意図的にご飯を付けてくれたのか、それともそばにはご飯が
付いてくるのか、これを確かめるためにも、暫くはこのお店に
通うことになりそうです。

お客は“自分のことがわかっている!と思える店が好き”と
何かで読んだことがありますが、まさにその通りですね。

by ナカタ


e_keizu2011年10月28日11:53 AM

本当はスカートが良いのですが…

投稿者: OZ

最近はパンツ派です

20代独身の頃はスカートの方が沢山あったのですが
今では、ほぼパンツばかりです。

しかも気が付くと、伸縮性のあるデニムやジャージ、スエットばかり…

もともとスニーカーが好きでヒールが苦手と言うのと
どちらかと言えばガニ股というのと
家事仕事をするのにもジャージが楽と言うので
どんどん手持ちのスカートの数が減っていったからではないかと思われます

しかし、女子としてこれはいかがなものかと
最近、休日の外出はスカート選ぶようにしています

そして洋服を買うときもパンツだけではなく
スカートにも目を通すようにしています。

それにしても、最近のスカートは短い丈のものが多いですね
さすがに、短いスカートはもう無理かもしれませんが
せっかく女性として生まれたのですから
これからは、少しずつでもまた手持ちのスカートを増やしていこうかと思っております

                                         by  OZ


e_keizu2011年10月27日4:26 PM

サラリーマンの方にお薦め!?

投稿者: バナナ

私の好きなテレビ番組の一つが、「サラリーマンNEO」という番組です

サラリーマンを題材にしたショートドラマ仕立てのバラエティ番組なのですが、コントのような面白い内容で、ついついハマって見てしまいます

出演者の方は、生瀬勝久さんや沢村一樹さんの他にたくさんの方が出ていますが、その回によっては意外なゲストの方も出てきます。
もちろん皆さんサラリーマン役ですが・・・。(女性の方はOL?)

なるほどな~と共感できる部分もあり、見ていて飽きません。
2004年から始まっていたようで、先日「season6」が終わったばかりです。

「season6」では、宮崎美子さんが登場してましたが、「AKB48」ならぬ「NEO48」と称したOLアイドルユニットの一員となるのです。
宮崎さんはAKBのダンスをコピーして踊るのですが、それがまた完璧で上手なのです。
真剣に踊っている姿が何故かおもしろくて、思わず吹き出しそうになってしまいました。

その他にも色んなキャラが登場し、毎回面白おかしく見ています。
普段バラエティを見ないというサラリーマンの方にも、是非お薦めです

番組が終わり残念に思っていたら、今度、小池徹平さんが主演で映画化されるとのことなのです。どのような作品になるのか今からわくわくしてます

by バナナ


e_keizu2011年10月19日4:10 PM

必要最低限に使うアイテム

投稿者: OZ

免許を取得したばかりの頃は
あの車に乗りたい、この車もいいなあ
と言うのはありましたが
最近は特に車に対するこだわりは無くなって来ています

もともと実家暮らしの頃は交通の便があまり良くなかったので
車は必要不可欠なアイテムでしたが
函館市内だと市電、バスがあるし
少し郊外へ行くにしてもJR、バスがあるので
車がなくてもそれほど不便に感じなくなったからかもしれません。

買い物に行くにしても
重い物や沢山買い物をする時は、主人に車を出してもらいますが
ちょっとした買い物だと、歩いて行く方が多いです。
休日、買い物がてらぶらりと歩いてみると、季節を感じられたり
時には普段気が付かなかった発見があったりしていいものです

しかし、私の周りには車派の方が多いようで
友人などには「信じられない」と言われてしまいます

これから、北海道は雪の季節になります
道路も凍結するので
車派も歩き派も気を付けなければですね(⌒-⌒)

                             by  OZ


e_keizu3:53 PM

捨てる基準

投稿者: ナカタ

ここ最近、整理をテーマにしたテレビ番組や本が増えましたね。
ご多分にもれず、僕もこのブームに便乗している一人です。

子供の頃から整理整頓は大切なことだと教わってきましたが、
なぜ大切なのかは、最近まで漠然としていました。

ベストセラーになっている整理本の中に書かれていた一節です。
(立ち読みしただけなので、言葉の細部は違うかもしれません。)

整理の目的は、自分の人生の中で、
何が必要で、何が必要でないか、何をやるべきで、何をやめるべきか、
に気づくこと。

最近感じていたことが言葉になった感じでしっくりきました。

整理する上で最も難しいのが捨てることです。
僕は今迄、どちらかというと物を溜め込むタイプでした。
それは、捨てる基準があいまいだったからです。

捨てる基準があいまいだと、捨てるかどうかの判断を先延ばしにして、
とりあえず取っておく傾向になります。
おそらく、選択肢が減ってしまうような感覚があるのでしょう。

判断を先延ばしにすると、物が増え、選択肢も増えますが、
選択肢が多すぎて何が重要なのかが分からなくなります。
物がたくさんある生活が豊な生活とは限りません。

この整理本の捨てる基準は、物を触った時に自分がときめくかどうかを
判断基準としています。

すべてをときめきで判断する自信がないので、
参考にして自分なりの捨てる基準を作りたいと思います。

by ナカタ


e_keizu2011年10月13日2:35 PM

洗車好き?

投稿者: asai

僕は昔から、自分は洗車するのが好きな方だと、
思っていました。

しかし最近、実はそうではないのでは?と思いました。

はじめて車を持った頃、嬉しくて週に2~3回ほど、
毎回毎回、3~4時間くらいかけて洗車していました。
この当時はまだ学生だったため、
時間に余裕があり、好きな時に好きなように洗車をしていました。

その後、就職してからは、毎週どころか月に1回程度しか
洗車をしなくなりましたが、
それでも自分の中では、学生の頃の「洗車好き」という
思いを漠然と持ちつづけていました。

しかし先日、小雨が降りしきる中、洗車をしている人を見かけました。
その人も洗車好きだから、雨の中でも洗車していたわけではないのかも知れませんが、
僕は衝撃を受け、今まで抱いていた洗車好きという思いは、消え去りました。

by asai


e_keizu2011年10月11日1:42 PM

充実した休日

投稿者: OZ

最近は休日も出掛けたりで、わりとバタバタしていたので
この度の三連休は久しぶりにゆっくり出来ました
(夜間救急病院に行くアクシデントはありましたが

連休初日、まずは部屋をすっきりさせようと朝から掃除でした。
掃除機をかけたり、目に付いたほこりを拭くというのは
ちょくちょくやってはいたのですが
高い場所(電気の傘、棚の上)などは
一ヶ月近くサボっていたので、結構ほこりがたまっていました
すべて拭いてスッキリしました

二日目、洗濯、アイロン掛けと洋服の裾直し。
そのあとはゆっくりテレビを観れました

三日目、スーパーへ買い物に行くと駅弁祭りをやっていました
お昼の用意はしていたのですが
ついつい肉巻きおにぎりを購入してしまいました
乗り物酔いをしてしまうので
電車に乗るときはあまり駅弁は買わない方なのですが
スーパーで売っていて普段なかなか食べれないと思うと
ついつい購入してしまいます
あと、別のスーパーなのですが
たまに『九州・沖縄フェア』みたいのを行っているのですが
やはり、購入してしまいます
こちらは、特にサーターアンダギーとジーマミー豆腐がお気に入りです

そんなこんなで、特に何か特別な事はしていませんが
充実した休日を過ごしました

                            by  OZ


e_keizu12:16 PM

絵本ライブへ行ってきました

投稿者: バナナ

先日、絵本作家の長谷川義史さんのイベントへ行ってきました。

長谷川さんは『情熱大陸』でも紹介され、独特のイラストとユーモアたっぷりのお話が面白く、子供や親達にも人気の絵本作家さんです。

会場は予想以上に混んでいました。
絵本作家さんのイベントということで、トークショーのようなものを想像してましたが、色々な催しがありとても楽しかったです。

軽やかな大阪弁でのトークから始まりますが、話が面白くて子供も大人も大爆笑です。
会場は一気に和やかな雰囲気となりました

絵本の読み聞かせでは、なんと長谷川さんご本人が絵本を読んでくれたのです。
気持ちをこめて読んでくれるので、子供達も真剣に聞いていました。

メインとなる催しは、大きな模造紙を使い即興で絵を書きます。
すらすらと書いていますが、きちんと一つの物語になっていくのですから、さすがとしかいえません。目の前で見ることが出来て、感動でした。

後半は、ウクレレを弾きながらのライブが始まりました
絵本だけではなく、トークや歌や楽器など何でも素晴らしいのです。
1時間半位のイベントはあっと言う間に終わってしまい、親子共々とても楽しむことが出来ました。

ちなみに、絵本の中では『いいからいいから』という作品が大好きです。
おじいちゃんと孫の話なのですが、おばけが出てきたり、貧乏神にお金をとられたり、かみなりにおへそをとられたりと、度々不幸な事が出てきます。
でも、おじいちゃんはそんな事は気にせず、『いいからいいから』といつも笑っています。
前向きな、ほのぼのとした作品です。
お子さんがいらっしゃる方には是非お薦めの絵本です

by バナナ


e_keizu2011年10月5日1:58 PM

それぞれの家庭の味(食材)

投稿者: OZ

先日、ジンギスカンを食べに行きました。

60分おかわり自由で食べられるお店で
沢山食べるつもりでいたのですが
意外とすぐお腹いっぱいになってしまい
思ったより食べれませんでした

でも久しぶりに食べ、美味しかったので
大満足です

北海道で焼肉といえば
ジンギスカンという家庭が多いようなのですが
私の実家はなぜか昔から豚肉での焼肉でした。
なぜかはわからないのですが
今でも実家で焼肉をするときは豚肉です。

ちなみにすき焼きもなぜか豚肉です。

すき焼きに関しては大人になるまで
牛肉を使うとは知りませんでした
でもその分、牛肉のすき焼きを始めて食べた時は
ものすごく美味しく感じたのを覚えています

やはり、それぞれの家庭で違うものなのですね

ちなみに、おでんにじゃがいもを入れると聞いたことがあり
昨日試しに入れてみました。
おでんのだしがしみて美味しかったです。
味噌をつけて食べたらさらに美味しかったです

                           by  OZ


e_keizu2011年10月4日5:56 PM