家系図作成本舗のblog | 【家系図作成本舗】 サイトマップ | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示
家系図作成本舗お役立ちコンテンツ

「スタッフのつぶやき」

2012年7月

ちょっと怖い夏の思い出

投稿者: OZ

子供の頃、夏休みに近所の友達とキャンプをした事があります。
とはいえ、子供達だけでは当然危険なので
親達の目が届く空き地を借りてテントを張り一泊しただけで
ご飯も友達の家でごちそうになり
アウトドアっぽい感じではなかったのですが
外で一泊するという事が子供だった私にとっては
とても楽しかったように記憶しています

しかし、夜には不思議な出来事もありました
キャンプといえばお決まり!?の肝試しでの事です
近所のお墓へ行ったのですが
ある一ヶ所だけが丸くオレンジに光っているのです
「ねえ、あそこなんで光ってるの?」
「懐中電気が反射してるんじゃないの?」
「じゃあ電気消してみようよ」
「消しても光ってるよ」
「もしかして火の玉じゃない?」
「火の玉ってもっとボワ~っとしてるんじゃない?」
そんな風にざわつきはじめていたのですが
私ともう一人友達はさすがにこわくなり
「ねえ、もう戻ろうよ」
「そうだよ、こわいし」
と二人で走って逃げました

後ろも振り返らず必死で友人の家に逃げ込み
半べそで事情を話すと、そこの家のおばあちゃんに
「お盆の季節だから、まだ残っていたのかもねえ
 でもあんた達が悪さをしなければ大丈夫だから」
みたいなことを言われてなだめられました

その後、戻ってきた友人に聞くと
私達が戻った後、引率した友達のお父さんが
「誰だっ!」と言ったら、オレンジの光は消えたとか

あれから20年ちょっと経ちますが
原因が何だったのかはわかりません
しかし、大人になった今思うと
複数の人が同時に見ていて
あまりにもはっきりと見えていた事を
考えると、非科学的な事ではなかったようにも思います。

もしかしたら、懐中電気を持っていた友人が
消したふりをして実は照らしていたとか

いずれにしても、ちょっと不思議な夏の出来事でした

                         by  OZ


e_keizu2012年7月31日3:48 PM

やっぱり美味い

投稿者: ナカタ

学生さんは夏休み真っ盛りですね。IMG_0418

子供の頃の夏休みの楽しみと言えば、海の近くに住んでいる
祖父母の家に泊りに行くことでした。

いとこ達と朝からご飯を何杯もおかわりして食べた
イカ刺しの味が今でも忘れられません。

祖父母の家の地域では、早朝、獲れたてのイカを売るトラックが
やって来ます。

獲れたてのイカは透きとおってて、甘くてコリコリしています。
これをワサビではなく、生姜で食べるのが函館の食べ方です。

ちなみに函館では2種類のイカが味わえます。
初夏から冬までがマイカ、冬から春がまでヤリイカです。

ヤリイカは獲れる量が少ないので少し高めです。
どちらも美味しいのですが、僕はマイカの方が好きです。

考えて見れば、イカ刺し、塩辛、イカめし、イカ天等、
結構な頻度でイカを食べています。
函館市民には無くてはならない食材のようです。

by ナカタ


e_keizu2012年7月30日2:31 PM

イボ治療

投稿者: バナナ

先日、子供の足の裏にイボが出来ました。
今はすっかり良くなりましたが、治るまでが結構大変でした。
ウイルス性のイボで、足の裏に出来たということもあり、早速治療することになりましたが・・・

治療方法としては、イボの部分に液体窒素をかけて、かさぶたのようになったイボが取れるのを待つようです。一度では取れることはなく、何度か繰り返しての治療となります。

液体窒素をかけること自体痛みはあるようですが、うちの子供に関しては、幸い痛みは感じないようでした。
ところが、順調に良くなっていき安心していたところ、イボにばい菌が入ってしまい化膿して大きく腫れだしてしまったのです。

早速、病院にいったところ、腫れた部分に穴をあけ膿を搾り出しその部分をハサミではがすという、見ているだけで痛そうな治療となり、ガマン強い息子もその痛みには絶えられずさすがに泣き叫んでいました。
少々荒治療的にも感じましたが、その後皮膚は再生されて今はすっかり元通りになりました。

イボの治療をネットで調べてみると、人によって治る期間は様々らしく、長い人だと1年以上かかる場合があるそうです。
今回、化膿したことについては想定外ではありましたが、息子の場合数回の治療で済んだのはとても良かった方なのかもしれません。
(ウイルス性のイボは、また再発することがあるようなので、心配ではありますが・・・)

息子は今回の治療がかなり辛く、印象深かったようで、もうあんな痛い思いはしたくないと話してます。(当たり前ですね)

最近では、私の顔に発疹のようなものを見つけると、『これはイボ治療した方がいい、治療しないとダメだ』と、しつこいくらい治療を薦めてきます。
同じ痛みを、家族にも味わって欲しいようです

by バナナ


e_keizu2012年7月27日4:57 PM

息子との休日

投稿者: asai

我が家の息子は、最近家族で出かけるよりも
友達と遊びに出掛ける事が多く、
平日休日問わずくたくたになるまで遊んでます。

それはそれで、自然なことだからと、僕もそうでしたし、
少しずつ大人になっているんだと思いつつ、
若干寂しい気もしていたそんなある日、

突然、グリーンピア大沼で貸自転車に乗りたい。と、
自転車は毎日飽きるほど乗っているはずですが、

それはそれ、お父さんと二人でこぐ自転車に
乗りたいんだ。と

そうか、よし分かった。グリーンピア大沼に行こう。と

僕は下り坂で勢いよく自転車をこぎスピードを出すと、
息子はキャッキャッと喜び、
スポーツスライダーという乗り物では、
1人で乗っても良い体格なのに
僕と一緒に乗って窮屈な思いをさせる
そんな大人用Mサイズのショートパンツを
履いてる息子は、
お父さんと遊ぶの楽しいと、
とても気分を良くさせてくれる出来た息子です。

by asai


e_keizu2012年7月22日11:52 PM

並ぶ勇気がありません

投稿者: OZ

よく行くスーパーでは、タイムセールをしているのですが
休日の卵のタイムセールは、ものすごい行列になっています
一度、並んでみたのですが後から来た方で
我先と言わんばかりに隙をみて割り込もうとする人も(>_<)
その場の空気が怖くなったので、そっと列から抜け
普通の値段の卵を買いました

考えてみれば、行列が出来ている時は
殆どが並ぶ前に諦めてしまいます。
別にせっかちな訳ではないのですが
元々、混雑している所が苦手だからなのだと思います

しかしその反面、行列にも並ぶのを楽しめたり
混んでいる所にも積極的に行ける方が
ちょっとうらやましいなとも思ったりもします

                     by  OZ


e_keizu2012年7月20日3:18 PM

たまには良いかも

投稿者: ナカタ

先日、両親を連れて競馬場に行ってきました。
6月と7月は函館競馬場で開催されているのです。800px-Hakodate_Racecourse_Main_Stand_20100725C1

3年ぶりに行った競馬場は去年改装したらしく、
とてもキレイになっていました。

普段はギャンブルはやらないのですが、せっかく目の前で
馬が走っているので、百円ずつ買ってみました。
不思議なもので百円でも買っていると観戦にも力が入りますね。

結局は千円ぐらいのマイナスでしたが、へたにプラスになっても
癖になりそうなので、ちょうど良かったと思います。

そして、何より良かったのが、最近、ぼぉ〜っとしていることが
多くなった父が何かに目覚めたかのように真剣に予想していたことです。

認知症の予防にも良いと思うので、また機会があれば、
行こうと思っています。

by ナカタ


e_keizu2012年7月18日7:00 AM

お城探訪④ (小田原城)

投稿者: asai

訪れたことのあるお城シリーズ第4弾です。

小田原城
場所:神奈川県小田原市城内
形状:平山城
築城年・築城者:不明

小田原城は後北条氏の難攻不落の名城として有名です。
明応4年(1495)、北条早雲は大森氏の居城だった小田原城を
奪い関東への足がかりを固めます。
2代目の氏綱が小田原城を居城とし本格的な関東の経営に乗り出し、
3代氏綱の頃には関東最大の大名に成長しました。
これに伴い、小田原城も順次拡張されていき、
戦上手といわれた上杉謙信、武田信玄に相次いで、
攻められますがいずれも退けています。

小田原城の特徴は、総延長約9キロに及ぶ長大な外郭線(総構)を
もっていることで、天正10年(1590)の豊臣秀吉による小田原攻めの際、
この総構により豊臣軍の進撃をくいとめ、内側の城下町では
籠城中にも市が立っていたといいます。
小田原城は結局、内応によって豊臣方に開城しますが、
総構の効果を知った秀吉は後に京都に御土居を築き、
大坂城にも総構を築いています。

現在の天守閣は昭和35年に建てられたものですが、
江戸末期の姿を現在でも見ることができます。

ODAWARA

by asai


e_keizu2012年7月16日8:22 PM

朝の散歩

投稿者: ナカタ

ここ数年、暖かくなると朝の散歩が日課となります。
昨日も朝の散歩を楽しんで来ました。画像 575

コースは函館駅、朝市、函館港、ベイエリアで、
片道30分の距離です。時々、観光名所である
元町地区やその近くにある緑の島(人工島)
まで足を延ばします。

このコースが気に入っていることもあり、
帰りも基本的には同じコースをたどります。

朝の散歩は暖かい時期だけなので約半年ぶりです。
久々に通る街の景色が色々変わっていることに気づけるのが、
徒歩の良いところであると思っています。

最近の変化の特徴としては、駐車場が増えたことです。
空き地だけではなく、飲食店であったところまで、
取り壊されて駐車場になっていました。

迷惑駐車が減るので良いことだと思う一方で、
駐車場ばかりが増えるのも何だか寂しい気がしています。

話は変わりますが、
この時期、ベイエリアには旅行で来ているヨットが停泊します。
昨日もとても素敵な色合いのヨットが泊まっていました。
まさに理想のヨットという感じです。
(ヨットには乗ったことがありませんが。)

もう2、3週間は泊まっているのでかなりゆったりとした旅なのでしょう。
フランス国旗が付けられていたので、フランスから来たのでしょうか。
何とも羨ましいかぎりです。

byナカタ


e_keizu2012年7月2日2:47 PM