家系図作成本舗のblog | 【家系図作成本舗】 サイトマップ | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示
家系図作成本舗お役立ちコンテンツ

「スタッフのつぶやき」

2014年12月

SLファンタジー号ラストラン

投稿者: ナカタ

先日、「SLはこだてクリスマスファンタジー号」に乗車してきました。

DSC02354

函館では春・夏・冬と季節ごとに観光列車としてSLが走っていました。
しかし、新幹線開業間近ということもあってか、安全対策に集中するという理由で、
やむなく本年度限りで運行を休止するというニュースを聞き、
慌てて最後の雄姿を見に行ってきました。

仕事場から駅まで近いこともあり、運行時期になると毎朝汽笛が聞こえてきていました。
いつかは乗ってみたいと思っていたものの、すぐ近くにあるものほど、
先延ばしになってしまうものですね。

後ろはこんな感じです。帰りはこちらが前になります。

DSC02355

乗るなら冬!と思っていたので、ラストランのニュースがタイミング良かったです。
雪の中をモクモクと煙を出して走っているSLは絵になりますね。
鳴き声のような汽笛や煙を吐き出す様子はまるで生き物のようです。

DSC02359

ゆっくり揺られて30分後に大沼公園到着。
その後、大沼公園観光と考えていましたが、あまりの寒さに喫茶店で
お茶を飲んで帰りの電車を待ちました。

またいつか走っているSLを見たいです!


e_keizu2014年12月26日3:47 PM

函館の巨大ツリー

投稿者: バナナ

函館では例年、12月前後からクリスマスの12月25日まで、
「はこだてクリスマスファンタジー」というイベントが行われます。

DSC02334

函館を代表する観光スポットの、赤レンガ倉庫群前の海上に、
約6万個のイルミネーションで飾った20メートルをも越える
巨大ツリーが出現し、函館の街を幻想的に演出するのです。

クリスマスツリーとなるモミの木は、
函館市の姉妹都市であるカナダのハリファックス市から、
18,000キロの長旅を経て届けられるそうです。

クリスマスツリーは普通陸地にありますが、
『はこだてクリスマスファンタジー』のクリスマスツリーは、
何と海に浮かんでいます。

DSC02335

開催中は毎日ツリーの点灯式を行いますが、点灯式直後に
花火を打ち上げるので、冬の花火も楽しめることが出来ます。
目の前で見るツリーはとても綺麗で圧巻です。

また期間中は、函館の有名店がスープの屋台を出しているので、
こちらも楽しめます。
色んな種類があって悩みますが、冷え切った体に暖かさが染み
渡ります。

DSC02342

冬の函館観光も是非お薦めです♪♪

by バナナ


e_keizu2014年12月12日9:14 AM

冬ですね

投稿者: OZ

今年も冬の季節がやってきました。
なのに、今日は朝から雨が降っています
そして、夕方気温が下がって道路が凍る事を考えると
ちょっと憂鬱だったりもします

そんな天気で今日は気温もちょっと和らいでいますが
やはり、普段は寒いので
暖かい飲み物が我が家でも登場しております

DSC00074

5種類入りを発見

DSC00075

中身はこんな感じです
我が家はカフェオレの減りが早いです

DSC00077

昨晩の食後のデザートです

DSC00079

ちょっともの足りなくてスナック菓子も登場です
カロリーオーバーです

こんな感じで、寒い季節を楽しんでます


e_keizu2014年12月11日9:06 AM

道南の史跡・穴場めぐり⑦-「四稜郭」

投稿者: asai

道南の史跡や穴場を紹介したいと思います。

今回は「四稜郭」です。
場所は函館市陣川町にあります。

函館の五稜郭は有名ですが、四稜郭は地元の人でも
名前は何となく知っているけど、どこにあるのか知らないという人が
多いのではないでしょうか。

そんな四稜郭は、その名の通り、4つの突起を持つことに由来する
国の指定文化財史跡です。
四隅には砲座が設置されいたと思われ、郭内には建物はなかったとされています。

案内板を見てみましょう。
IMG_1320

 

 

 

 

 

 


「昭和9年1月22日史跡指定
明治2年(1869)春、五稜郭にたてこもる旧幕府軍脱
走軍は新政府軍の攻撃に備えて各地に防御陣地を築いたが、
五稜郭の背後を固めるため、その北方約3キロの緩斜面台
地にも洋式の台場を急造した。
これが四稜郭である。
四稜郭は、蝶が羽を広げたような形の稜堡で、周囲に土
塁と空壕をめぐらし、郭内(面積約2300平方メートル)
には、四隅に砲座を設けたが、建物は造らなかった。
なお、地元の言い伝えによると、旧幕府軍脱走軍は士卒約
200名と付近の村民(赤川・神山・鍛冶村)約100名を
動員して、昼夜兼行で数日の内にこの四稜郭を完成させ
たといわれている。
明治2年5月11日、新政府軍は箱館総攻撃を開始した。
同日未明、新政府軍の岡山藩・徳山藩の藩兵は赤川村を
出発し、四稜郭の攻撃を開始した。松岡四郎次郎率いる旧
幕府脱走軍は四稜郭の防御に努めたが、新政府軍には福山
藩兵も加わり、さらに長州藩兵が四稜郭と五稜郭の間に位
置する権現台場を占領したため、退路を断たれることを恐
れた旧幕府脱走軍は五稜郭へと敗走した。
5月18日には、五稜郭が開城され、榎本武揚以下が降
伏して箱館戦争は終わった。」

郭内の様子です。

IMG_1325

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1327

 

 

 

 

 

 

 

 
五稜郭の防衛拠点として築城された四稜郭ですが、
実際眺めてみると、五稜郭は思ったより遠くてよく見えませんでした。
当時の人の距離感は現代人とは異なると思いますが、
ここから五稜郭を守のには随分遠いなぁと思いました。

by asai


e_keizu2014年12月2日1:20 PM