家系図作成本舗のblog | 【家系図作成本舗】 サイトマップ | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示
家系図作成本舗お役立ちコンテンツ

「スタッフのつぶやき」

道南の史跡・穴場めぐり⑩-<会津藩陣屋跡>

投稿者: asai

道南の史跡や穴場を紹介します。

今回は「会津藩陣屋跡」です。
場所は北斗市飯生、ラッキーピエロ北斗飯生店のすぐ隣です。

現在は陣屋跡を偲ばせるものは一切なく、
小さな公園の中にこぢんまりとした神社が建っているだけでした。
なぜ会津藩の陣屋が北斗市にあるのかというと、
幕末、ロシア船が度々樺太や蝦夷地の漁村で略奪を行っていた為、その襲撃に備えるよう、
会津藩をはじめとする東北諸藩が蝦夷地の警備を幕府から命じられました。

会津藩の担当は別海、標津、網走、雄武の道東沿岸地域と樺太でした。
主力部隊は標津、樺太に駐屯していましたが、会津本国との中継地として
北斗市飯生に陣屋を築き、そこに40名ほどが常駐していたそうです。

警備にあたっていた兵士達は、野菜不足からビタミンを摂ることが出来ず、
水腫病にかかる兵士が多数おり、事態を重く見た幕府は水腫病対策として
効果があるとされたコーヒーを警備隊に送ったといいます。

会津藩が出兵中はロシアと交戦することなく撤収しますが、
部隊の統率・練度の高さなどを幕府から評価され、篤い信頼を得たといいます。

余談ですが、会津藩主松平家の藩祖である保科正之は、
徳川家康の孫にあたる人物です。
その為、元々幕府徳川家との縁は深く信頼もあったのだと思いますが、
北方警備での評価は、のちに江戸湾警備、さらには京都守護職を任されることになります。
長きに亘る幕府への忠義と幕府からの信頼、そして役職に対する責任感が
戊辰戦争での会津藩の去就を左右したのではないかと思いました。

securedownload

securedownload (2)

 

 

 

 

 

 

 

by asai


e_keizu2015年12月14日9:10 AM0件のコメント

コメント

コメントはありません

Sorry, the comment form is closed at this time.