家系図作成本舗のblog | 【家系図作成本舗】 サイトマップ | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示
家系図作成本舗お役立ちコンテンツ

「スタッフのつぶやき」

親から子へ

投稿者: asai

こんにちは

先日、そう言えば今年まだきな粉餅を
食べていないことに気が付き、

早速、奥さんに作ってもらいました。
大好物だったので、つい食べ過ぎて胃がもたれてしまいした。

後で知ったのですが、
おもちに大根おろしを付けて食べると

大根おろしに含まれる成分が消化の助けをし、
もたれにくくなるんだそうです

その成分は「タカ・ジアスターゼ」といい
胃腸薬などにも使われています。

「タカ・ジアスターゼ」を発見したのは、
明治時代の科学者でもあり実業家でもある
高峰譲吉という人物で、
世界初のホルモン抽出や、アドレナリンを発見した人です。

実業家としても業績も高く、当時の日本へ大きな貢献をした
明治を代表する人物の一人です。
高峰譲吉の詳しい業績は機会があればまた紹介しますが、

そう言えば、昔よく母親が大根おろしは体にいいと
言っていたことを思い出しました。

母もそんな科学的な根拠は当然、分からなかったと思います。
きっと僕同様に親から聞いた事なんでしょうが、

こういう経験則などを親から子へ伝えていくことは
とても大事なんじゃないかと

しかし、きな粉餅には大根おろしはあわないので、
今度食べるときは、食べる量に気をつけようと
奥さんが渡してくれた胃腸薬を手に思いました。

by asai


e_keizu2011年1月29日3:08 AM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿